川沿いのバクダン通りはデートスポットにも

旅行というのは歩いているだけで楽しいものです。
異国情緒の空気、見知らぬ土地、日本とはまったくことなった環境、景色、人、すべてが新鮮です。

中でも一押しの道がバクダン通りです。
バクダン通りはハン川沿いにある縦に長い道です。バイクで行く場合は北に向かって一方通行なので気をつけてくださいね。

バクダン通りの遊歩道にはちょっとした観光スポットにもなっていて、大理石像が等間隔で置かれてあったり、恋人が肩を寄せ合うベンチが常設されています。

ハン川とソンハン橋

昼間はハン川を眺めてみてください。
小さな漁船が何十隻も停泊している光景を見ることができます。
「あー、港町だなあ」とついつい感慨に耽るワンシーンです(私は房総半島出身なので余計に懐かしくなります)。

ダナンは発展してきたとは言えホーチミンやハノイのようなバイクの喧騒はまったくありませんし、都会の中で良い田舎の味がでています。

ハン川に架かるソンハン橋を渡ると、そこはもう田舎道です。
現在進行形で道路の拡張、舗装整備が行われているので、あと数年経てばダナン市内ももっと活気がでてくることでしょう。

川沿いの遊歩道を恋人やお子さんたちと是非歩いてみてください。
きっと癒されること間違いありませんよ。

夜のバクダン通り沿いには露店が建ち並びます。
コールタールを振りまいたように黒いハン川の水面にはソンハン橋の色鮮やかなイルミネーションが映っています。
多くの現地カップルが肩を寄り添って歩いている姿はとても微笑ましいものがあります。

ダナン旅行者の多くはこのバクダン通り近くのホテルに滞在されることになるので、夜はホテルを抜け出して夜風に当たりながら散歩でもしてみてください。
周辺にはカフェもたくさん並んでいますし、昼はどこにいたのか、大勢の欧米人がテラスに座ってビールを飲んでいます。

バクダン通り沿いには深夜まで営業しているバーもありますので、ちょっとハメを外してカクテルやビールを飲んでも楽しいでしょう。
また注意点ですが、ホテルに帰るのが遅くなるようであれば、事前にフロントに伝えておきましょう。

一般の中級よりも下のランクのホテルに泊まる場合は、セキュリティのため玄関を閉められてしまいます。
基本はフロントのロビーでスタッフが寝ながら待っているので問題ないのですが、たまに席を外していることがあります。
その場合は締め出されてしまいかねませんので、注意してください。

※当サイトへのリンクを歓迎いたします。
(管理人へのご連絡は不要です)
PAGE TOP