二大市場がある目抜き通り、フンブオン通り

フンブオン通りはチャンフー通りとレロイ通り、バクダン通りと言った縦に走る目抜き通りを横切る長い通りです。
バクダン通りに面しているハン市場がフンブオン通りのスタート地点となり、コン市場まで続いている観光客御用達の通りです。
おそらくバクダン通りとチャンフー通りの次くらいに、このフンブオン通りを歩く機会は多いかと思います。

通り沿いにはコン市場やハン市場といった外国人観光客向けのスポットだけではなく、現地の下町生活風景を垣間見ることができます。
露店も多くでていて、食べ歩きといった散策にも最適です。
またバイクタクシーやタクシー、シクロなども多数走っているため、戻る際はこれらを利用するのもOKです。

中部のローカル風景は雰囲気が違う

ダナンは中部最大の都市と言われています。
しかし、実際歩いてみるとホーチミンやハノイのような都会らしさはまるで感じません。

港町ということもあるのでしょうが、人々は時間に追われることもなく、自由気ままに暮らしている雰囲気が見て取れます。
露店にお邪魔しても観光客にそれほど慣れていないせいか、皆さん愛想よく接っしてくれますので、どこかの市場のおばさんのように買わなきゃ手に取ることも許されないような感じではまったくありません。

ちなみに写真のお店は古本屋です。
洋書も多く取り扱っているため外国人も立ち寄ります。
こんな光景がフンブオン通りにはいたるところで見ることができます。
ほのぼのとしていていいですね(^^)

これってなあに?

この写真は何だと思いますか?
メモリが付いている容器に中の液体……。
実はここ、露店のガソリンスタンドなのです。

もちろん皆さんが想像する店舗型のガソリンスタンドもありますが、緊急時にはこちらもご利用できます。
ポンプでガソリンをリッター単位で補給するのですが、ご利用の際はちょっと注意が必要です。

この手の機械は予め細工が施されてあるケースが多いのです。
一見すると1メモリが1リットルのように見えますが、実は1リットルもなかったりします。
また、ガソリンの保存方法にも問題があるため品質が悪かったり、また悪質な場合は水を混ぜている場合もよくあります。
ガソリンを入れて走っていたら途中でエンスト、なんてニュースはよくローカル新聞で見かけます。

できれば店舗型のガソリンスタンドで補給をしましょう。
ちなみにガソリンスタンドは英語では「ガスステーション」なので間違えないようにしてください(笑)

※当サイトへのリンクを歓迎いたします。
(管理人へのご連絡は不要です)
PAGE TOP