滞在中は何度も往復。チャンフー通り

チャンフー通りは外国人のための通りと言っていいでしょう。
バクダン通りと並行して縦に走る通りで、南下していくとチャム彫刻博物館に行き着きます。
一方北上するとお洒落なショップやカフェが建ち並び、外国人観光客と現地人が共存している光景を見ることができます。

大衆食堂も多く並んでいるのでお金をかけたくない方には最適です。
ダナンは『ブンチャカー』という麺料理が有名です。
ブンとはフォーのような麺で、チャカーは魚のすり身を揚げたさつま揚げです。

ホーチミンでも食べることはできますが、ダナンの方が具だくさんなのできっと満足することができるでしょう。

ホテルも並ぶ

チャンフー通りはダナン観光の拠点として扱われます。
安宿から中級ホテルまでが建ち並び、ホテルを梯子していけば理想のホテルに巡り会うことでしょう。
また、年に一度ダナンでは大規模な花火大会が行われます(2013年以降は二年に一度の開催になるようです)。
各国の花火が美しさを競う大会ですが、開催場所がバクダン通り沿いに流れるハン川となるため、チャンフー通りは立地的に最適の滞在場所となります。
ただし、この期間はホテルに予約が殺到するほか、宿泊料金も高くなるためなるべく早めの予約をしましょう。

ちなみにホテルではバイクのレンタルもしています。
1日20万ドン程度で借りられます。
バイクをレンタルする場合はデポジット、もしくはパスポートを提出しなければならないため、極力滞在先のホテルで借りるようにしましょう。

また中級ホテルにはマッサージも併設されています。
すでにベトナムのマッサージ事情を熟知した方は言わずもがなかと思いますが、こちらは男性用マッサージなのであしからず(^^;)

観光スポット目白押し

チャンフー通りのメリットは立地環境もさることながら、観光スポットが密集している点も挙げられます。
『ダナン博物館』、『ダナン大聖堂』、『チャム彫刻博物館』などダナン市の主要観光スポットはすべてチャンフー通り沿いにあります。
タイムスケジュールを組めば半日で回ることもできます。

ちなみに夜のイルミネーションが素敵なソンハン橋の入口もチャンフー通りを北上した交差点にあります。
複数の道が交差して交通量も多いので渡るときはお気をつけください。

基本は徒歩圏内ですが、北方面のダナン博物館からチャム彫刻博物館までは少し距離があるので、その際はタクシーを利用しましょう。

※当サイトへのリンクを歓迎いたします。
(管理人へのご連絡は不要です)
PAGE TOP